ASPのセルフバックでサーバーを契約するためにA8.netに登録する

ブログやサーバーのイメージ

WordPressブログを運営するためには、レンタルサーバーを契約して独自ドメインを取得する必要があります。

サーバーやドメインのイメージは下図の通りです。


・サーバー = 土地
・ドメイン = 住所
・ブログ = 家
・WordPressテーマ = ブログの外観(デザイン)&インテリア

ブログを置く土地=サーバーをレンタルしなければいけません。

レンタルサーバーの費用は、年間1万円くらいです。

どのレンタルサーバーにするか

私が運営している雑記ブログ(2017年作成)のレンタルサーバーは、ロリポップ!です。

またドメインは、お名前ドットコムで独自ドメインを取得しています。

色々検討した結果、新たに作るアフィリエイトブログのレンタルサーバーは、独自ドメインを無料で2つ貰えるConoHa WINGのWINGパックを契約することに決めました!



決め手は、以下の5つです。

ドメイン2つ永久無料

A8.netのセルフバックを見ていると、レンタルサーバーの会社がドメインをプレゼントしてくれるところが多いようです。

エックスサーバー、ConoHa WING、ロリポップ!を見てみましたが、3社ともサーバー契約と同時に独自ドメインを無料で作ることができるようです。

色んな方のブログを拝見すると、エックスサーバーやConoHa WINGが人気なのかなあ。

しかも、ConoHa WINGは、ドメイン2つが永久無料とのこと!

複数のブログを運営する予定の方にとっては、とてもありがたいサービスですね。

処理が速い

ブログを表示するのが遅いと読者さんが離れてしまう可能性があります。

どのレンタルサーバー会社も処理速度は早いようですが、ConoHa WINGは「国内No.1の圧倒的な速さを誇る」とのことでした。

WordPressサイト開設&移行が簡単

ConoHa WINGには、簡単にWordPressサイト(ブログ)を開設できる「WordPressかんたんセットアップ」機能があります。

サーバーの申し込みと同時に、WordPressブログの運用に必要な独自ドメイン、WordPress、テーマ、SSLを一括で申し込みできます。

WordPressブログを一度作っているとはいえ、もう5年前のこと。

ほぼ初心者と変わらないので、簡単に設定できるこの機能は嬉しいです。

利用料金が安い

WINGパックだと、月額900円ほどで利用できます。

支払いは3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月・24ヶ月と選択できますが、長ければ長いほどお得です。

ドメインが無料なので、ドメインの更新料がかからないことを考えるととても良心的!

セルフバックの金額

A8.netのセルフバックを利用して、ConoHa WINGのWINGパックのベーシックを契約すると、成果報酬が7,000円です!

WINGパックのベーシック(12ヶ月)を申し込む場合、月額900円×12=10,800円。

セルフバックを利用すると、実質3,000円ほどで1年間利用することができます。

以上の理由で、私はConoHa WINGのWINGパックのベーシックを申し込むことにしました。


ASPセルフバック

初期費用は少ない方がいいので、ASPのセルフバックを利用します。

ASPとは広告仲介業者のことで、広告をクリックし購入してもらうことで収益を上げます。

ASPにはセルフバックというのもあり、これを利用すると最初の1年は実質4~5,000円くらいで契約することができます。

ASPは、

A8.net
バリューコマース
・楽天アフィリエイト
・Amazonアソシエイト

など、上記の他にもたくさんのASPがあります。

レンタルサーバーのセルフバックが豊富で、アフィリエイトではメジャーなA8.netに登録してみようと思います。


ブログを持っていない方でも登録できます。

A8.netに登録する

まずは、A8.netにアクセスします。

 

①画面右上の「初めての方はこちら」をクリック。
画面が切り替わると、A8.netについて知ることができます。

②一通り読めたら、
「無料会員登録:アフィリエイトをはじめてみる!」
「無料登録でアフィリエイトを始める!」
どちらかをクリックして登録していきます。

登録が完了したら、早速ログインしてみます。

セルフバックでサーバーを契約

A8.netにログインします。

 

画面右上の「セルフバック」をクリックすると、セルフバックのサイトに移動します。

 

 

人気ワードの中に「レンタルサーバー」があればそこをクリック。

ない場合は、検索ボックスの中に「レンタルサーバー」と入力します。

レンタルサーバーの一覧が出てきますので、色々見てみましょう。

私はConoHa WINGに決めたので、検索ボックスに「ConoHa WING」と入力しました。

ConoHa WINGのバナーの下にある緑色の「提携する」をクリックします。

 

 

その表示が「提携中▶︎広告掲載」の表示になれば、セルフバックを利用することができます。

レンタルサーバーを申し込む時は、必ず「セルフバックを行う」から申し込みましょう!

 

 

ConoHa WINGの申し込み手順は、次の記事で解説します。

 

おすすめの記事