SEO対策にXML Sitemapsを設定してみる

SEO対策のためのプラグイン、XML Sitemapsは設定されていますか?

以前はGoogle XML Sitemapsという名前のプラグインでした。

ブログやサイトをGoogleなどの検索エンジンに認識してもらうために、サイトマップが必要となります。

今回は、XML Sitemapsの設定について解説していきます。

XML Sitemapsとは?

XML Sitemapsとは、Googleなどの検索エンジンに自身のサイトやブログを認識してもらうためのものです。

クローラーに向けたサイトマップを作ってくれるプラグインで、記事を公開・更新するとサイトマップを素早く自動生成してくれるのです。

クローラーとは、ブログやサイトのページを巡回して検索エンジンに反映してくれるもの。

あなたのブログやサイトを検索エンジンに認識してもらうために、このプラグインをインストール&設定をしましょう。

XML Sitemapsをインストール

まずは、XML Sitemapsをインストールしましょう。

①ダッシュボードの「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。
②検索ボックスに、「Google XML Sitemaps」と入力。

XML Sitemapsと入力すると1ページに出てこなかったので、Google XML Sitemapsと入力しました。
下にスクロールすると、XML Sitemapsがあります。

作者名の「Auctollo」と入力してもいいと思います。

「今すぐインストール」をクリックし、インストール完了したら「有効化」をクリックして有効化してください。

XML Sitemapsの設定手順

XML Sitemapsの設定をしていきましょう。

ダッシュボードの「設定」→「XML Sitemaps」をクリック。

XML Sitemapsの画面になったら、下記の項目を設定していきます。

  1. 基本的な設定
  2. 投稿の優先順位
  3. Sitemapコンテンツ
  4. Excluded Items
  5. Change Frequencies
  6. 優先順位の設定

①基本的な設定

まずは、「基本的な設定」です。

ここでは、検索エンジンへ通知するように設定していきます。

デフォルトで上記のままになっていますが、私は「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックを外しています。

それ以外はそのままでOKです。

②投稿の優先順位

「投稿の優先順位」は、デフォルトで「コメント数」にチェックが入っています。

ここは、一番上にある「優先順位を自動的に計算しない」を選択してください。

③Sitemapコンテンツ

「Sitemapコンテンツ」では、サイトマップに何を含めたいかを選択します。

基本的にデフォルトのままでもOKです。

私は、「固定ページを含める」のチェックを外しています。

また「カテゴリーページを含める」を選択することをおすすめします。

④Excluded Items

「Excluded Items」ではさらに、含めたくないカテゴリーや投稿記事を選択できます。

デフォルトのままでもOKですが、Uncategorized(未分類)はチェックを入れて除外しておくといいです。

除外したい投稿記事がある場合は、「投稿(個別記事)を含めない」にID番号を入力しましょう。

複数ある場合は、ID番号をカンマで区切っていきます。

例)123,456,789

⑤Change Frequencies

Change Frequenciesでは、何をヒントにしてクローラーが回るようにするかを設定します。

 

ブログを書くなど記事を投稿していく方は、「投稿(個別記事)」のところを「毎日」に変更しましょう。

他はそのままでもいいですが、私の設定はこのようにしています。

参考にしてくださいね。

⑥優先順位の設定

「優先順位の設定(priority)」では、優先順位が高いものは数値を上げて入力していきます。

「投稿(個別記事)」は、数値を上げて(優先順位を高くする)「1.0」と入力しましょう。

全て設定できたら、「設定を更新」を忘れずにクリックしてください。

Googleサーチコンソールにサイトマップを追加

次は、サイトマップURLをGoogle Search Consoleに追加します。

XML-Sitemapの設定が終わると、下の画面になります。

「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL」を確認。

https://○○○○/sitemap.xml

これがサイトマップURLです。

Googleサーチコンソールの管理画面を開きます。

①左側の「サイトマップ」をクリック。
②新しいサイトマップの追加の空欄にサイトマップURLの後半部分を入力します。

入力したら、「送信」ボタンをクリック。

 

「サイトマップを送信しました」という画面が出ます。

「OK」をクリックしてください。

 

「送信されたサイトマップ」を確認し、ステータスに「成功しました」と出たら完了です。

まとめ

プラグイン「XML Sitemaps」の設定の手順と、Googleサーチコンソールにサイトマップを追加する手順を解説しました。

XML-Sitemap
1.プラグイン「XML Sitemaps」の設定
①基本的な設定
②投稿の優先順位
③Sitemapコンテンツ
④Excluded Items
⑤Change Frequencies
⑥優先順位の設定
2.Googleサーチコンソールにサイトマップを追加

このプラグインを入れて設定しておくだけで、後はプラグインが作業をしてくれます。

あなたのサイトやブログを認識してもらうためにも、このプラグインを利用してくださいね!

おすすめの記事